そしてそんな大事な愛車を手放すのならばたとえ事故車でもより高く売却しいたいですよね。
そんな事故車はいったいどのくらいの値段で買い取ってくれるのか気になるところですが、やはり損傷の度合いにより差がでてきます。大きく破損してしまったけれど修理して走行に問題のない状況でも売買の過程で、修復歴や事故歴を明示しなければいけなく次の人に買い取ってもらえる可能性が低くなってしまいます。損害箇所が目立たなければ大きな減額はされにくいです。ただ中古業者としてあまりにも破損がひどい車を高く買い取ることは難しいことです。しかし、部品取り扱いなどとして買い取ってくれるところも充分にありますのでいろいろ考えるよりまず、中古車業者に車を持っていってみてもらうことが1番です。何箇所かで査定をしてもらいより高値で買い取ってくれる場所で自分が納得のしたお値段で売却することが1番ですね。動かなくなってしまった車にも充分に使い道があり、本来なら廃車や解体するのにお金が掛かってしまうのに今では逆にお金がもらえるのです。

 

見た目は綺麗でも走行に支障がある車は存在します。事故を起こした車=修復歴車ではありません。
修復歴というのは、車のフレームやシャーシーなどの骨格部分を修復した場合のことです。ドアなどはぶつけて交換しようが修復歴とはならないのです。